2017年08月15日

雨の日 バーベキュー(BBQ) 大丈夫!

思いもよらない突然の雨、BBQを予定していたのに残念!
そんなときには、キウイフルーツカントリーでBBQはいかがですか。
全天候型の大型グリーンハウスですから、キウイの実る棚の木陰でお仲間やご家族とワイワイとできます。
ご予約は、前日午前中まで(持ち込みの場合は当日可)いずれも要予約です。
bbq.jpg
TEL 0537-22-6543
posted by kiwi at 08:56| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

夏のキウイ! 甘味と酸味バランスが抜群

暑い夏が続きますね。こんな夏はキウイを食べて健康にキウイ(注意!)
夏のおすすめはなんといっても「グリーンキウイ」です。「イエローキウイ」が大好きなんて人もいますが、これだけ夏が暑いとやっぱりキウイフルーツはグリーンがいいですよ。
甘味と酸味がバランスよくノドがさわやかです。疲労回復や美肌効果にも効果的です。
ヘイワード.jpg

夏の季節は、「グリーンキウイ」で皆様のご来園をお待ちしています。
posted by kiwi at 19:05| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月11日

マタタビ 酒を飲んで又旅を続ける! 果実酒づくり 教室

「マタタビ」とは・・・?
ネコにマタタビとよくいわれる? ・・・そりゃなんだ?
「マタタビ」?・・・それは動物か?・・・それはひょっとして「ムササビ」
「マタタビ」はどこにいるの・・・それは果樹園の中・・・そして動物ではありません。

マタタビはキウイ園の中にあります。
そこにネコが・・・。
いったいネコは、ナンジャイ→しかも酔っぱらっている。
そのうちキウイの樹に爪を立てガリガリ爪を研ぐネコまででてくる。
ただごとでないネコ.jpg

ネコ科の動物はマタタビの匂い(中性のマタタビラクトンおよび塩基性のアクチニジン)に恍惚を感じ、強い反応を示すため「ネコにマタタビ」という言葉が生まれた。
ネコ科であるライオンやトラも酔っぱらってしまいます。

キウイフルーツはマタタビの仲間でマタタビ科マタタビ属になります。
DSCN8571.jpgマタタビ

おまたせしました、マタタビの収穫期がやってきました。

よく似たサルナシの収穫期でもあります。DSCN8561.jpg 蔓性樹木の様子



DSCN8564.jpg ワイルドなサルナシ



このように実っています。
DSCN8574.jpg
栽培している綺麗なサルナシ

DSCN8582.jpg
左側からワイルドサルナシ・栽培サルナシ・マタタビ

よく見ますと、左から
DSCN8584.jpg ワイルドサルナシ

DSCN8585.jpg 栽培サルナシ

DSCN8588.jpg マタタビです。
このマタタビも改良に改良を重ねて、野山で見るものより大型で形状も良い

このマタタビ・サルナシを使って果実酒作りをすると、DSCN8611.jpg 
柑橘系も入れちゃいます。マタタビ・青切ミカン・ホワイトリカー35%を入れます。

DSCN8638.jpg

DSCN8632.jpg
胃腸病、神経痛、腰痛に効く、強精・強壮・快眠にも効果。滋養強壮の超一級品。
野山を駆け回っても、貴重なマタタビに出会うことは滅多にありません。
その昔、旅人は疲れ果てて動けなくなってしまいました。しかし偶然出会ったこの果実(マタタビ)を食べたら、体力も気力も回復し、又旅が続けられた。この「又旅」から「マタタビ」と名付けられてといわれています。
2〜3ヶ月で美味しいマタタビ酒が飲むこと出来ます。

マタタビ酒・サルナシ酒・キウイ酒づくりの教室。
(作った果実酒はお土産としてお持ち帰りできます)
マタタビ酒 開催期 9月14日〜10月下旬  1500円(税込み)(入園料別)
サルナシ酒 開催期 9月14日〜10月下旬  1500円(税込み)(入園料別)
キウイ酒  開催期 年間         1080円(税込み)(入園料別)

要予約になります。0537-22-6543

posted by kiwi at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

入園料と体験プログラムの消費税改定に伴い消費税は外税になっています。

平成26年(西暦2014年)4月1日より消費税が8%に改定されましたので、当園の入園料及び体験料、フルーツスタンド等各商品につきましてもご指導に基づき4月1日より改正させていただきました。
ご理解を宜しくお願いいたします。
posted by kiwi at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月18日

ためしてガッテン キウイ

1月29日(水)20:00〜20:45 「ためしてガッテン キウイ」NHK
P1040687.jpg
今回の放映はテーマがキウイフルーツです。
キウイフルーツカントリーの「キウイ」が番組で紹介される予定です。
グリーンキウイの栄養価や薬効は人間の健康に大きな力を発揮しています。最近のキウイはどんな種類があるか紹介したいということで問い合わせをいただきましたので、十数種類のキウイを送りました。
さてさて、どんな番組になるでしょうか?
是非ご覧ください。
posted by kiwi at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月11日

10月12-13日 村祭りが開催。

10月12-13日農園のある上内田地域は祭りが開催されます。
九つの地域が屋台といわれる山車が出て賑やかになります。
農園の入り口には五百済(いよずみ)の会所(祭典本部)と屋台小屋があり、時々交通規制等してご来園者にはご迷惑をお掛けすることがありますが、ぜひご理解とご協力をお願いいたします。
のんびりとまた勇壮に開催されますので農園と合わせてご覧いただければ幸いです。

 
posted by kiwi at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月20日

秋摘み新茶(秋冷茶) お茶摘み お茶づくり ベストシーズンへ

3111.jpg
秋摘み新茶(秋冷茶)の茶摘みと茶作りの体験をしませんか?
里山に広がる美しい茶園の中で、茶摘みを楽しみ、摘んだお茶を使って手もみのお茶を作ります。
インストラクターがしっかり指導し、それぞれのマイティーができます。それぞれ一人一人のお茶は作る人によって少しづつ個性が出て魅力的ですよ。3318.jpg
カゴに摘んだお茶は、
3411.jpg
茶畑横にある、下から見るとツリーハウスのような、小屋の中で手もみのお茶を作ります。DSCN5975.jpg

DSCN5971.jpg



窓からの眺めもこんなです。

もちろん素敵なお茶になります。
摘んだお茶と作られたお茶はお土産としてお持ち帰りできます。
DSCN6552_8042.jpg
ほっと一息!ご自分で作られたお茶を味わうなんて、最高に楽しい!

お茶づくり器具の数に限りがありますので、ご予約をいただければありがたいです。
お問合せ先:0537-22-6543 
会場:静岡県掛川市上内田2040 キウイフルーツカントリーJapanの園内茶園
体験料金 1,000円(入園料別)
所要時間 90分〜

posted by kiwi at 04:29| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

茶摘み 掛川 静岡 体験 茶作り をしてみませんか?

掛川茶 茶摘み体験 有機栽培
さわやかな風に吹かれて、お茶摘みは楽しいよ!
DSCN2549_3224.jpg
私たちの住む地域は静岡県・掛川市という日本国内屈指の茶産地であります。
生産する茶畑の様子や、茶畑の美しさ、茶畑の中に入っての茶摘み体験はステキ!DSCN2584_3259.jpg
自然に親しむライフスタイルや、ふるさとや農的暮らしの体験に対する関心は高まり、旬を迎えた茶摘み適期に静岡県のこの掛川で、茶摘み体験のできる茶畑を今年もオープンします。3111.jpg
当農園の茶畑は、「もっこり」とした畑の形状に、等高線上に植栽されている懐かしい茶畑です。西に小笠山が眺められる小高い丘の上にあり、有機栽培で栽培されています。
摘んでいただいた茶葉はその場で、釜入り茶に仕上げたり、てんぷらにすることもできます。
知れば知るほど面白いものですよ。
3313.jpg
ウォーキングやサイクリングでも茶畑の素晴らしい景観を楽しむことができます。
なんと、5月下旬には、この地域のお茶畑が世界農業遺産に認定される予定です。
静岡県のこの地域の茶草場農法という農法が、お茶の品質が良くし、それが地域の里山の環境(生物多様性)を維持して、農村にとっても地球上の人類にとっても重要な役割を担っているということです。
DSCN6556.jpg 3316.jpg
↑むかし、むかしの写真です。私達も子供の頃からお茶摘みでした。

 掛川は人口10万人以上の自治体の中でガンによる死亡率が日本で一番低く、高齢者の医療費も全国平均と比べても20%も低いそうだ。その秘密が緑茶だということが分かり、国の研究機関などが本格的に調査した。その結果、掛川産の深蒸し茶には一般の薬並みの効果があるとNHK「ためしてガッテン!」で紹介。コレステロール低減に、血圧の正常化、血糖値の低下など高い効果があることがわかりました。
3212.jpg
飲むための生活・文化や歴史は長年極められつつも、その土台である生産する茶畑の様子や、茶畑の美しさ、茶畑の中に入っての茶摘みや交流の機会は得られにくいものでした。
そこで、3211.jpg
本格的に茶摘み体験のできる茶畑の体験プログラムをやってます。
3311.jpg 3315.jpg 3314.jpg 3318.jpg

摘んでいただいた茶葉はその場で、釜入り茶に仕上げていくことができます。
3411.jpg
茶カゴの摘みます。
3412.jpg
フライパンでも釜入り茶に仕上げていくことができます。
DSCN6552_8042.jpg
出来上がったお茶でひとときの時間を楽しく過ごします。もちろんお土産にもなりますし、このつくり方を覚えれば「マイ・グリーンティー」をつくることができるのです。

「掛川茶 茶摘み体験&茶づくり体験」お待ちいたしております。

※インストラクターがお茶の摘み〜釜煎り茶の製造までご指導させていただきます。
開催期間4月28日〜5月中旬 この期間以外はお問い合わせください。
団体様の場合は予約をお願いします。
    
開園時間 9:00〜17:00
木曜日は休園(祝日は除く)--

〒436-0012静岡県掛川市上内田2040
TEL0537-22-6543
FAX0537-22-7498
e-mail: wbs02626@mail.wbs.ne.jp
http://www.kiwicountry.jp/ 
posted by kiwi at 16:42| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バーベキュー 掛川 キウイ農園でスローフード

楽しい農園のバーベキュー!
キウイフルーツカントリーの農園バーベキューは、大好評で毎日賑わっています。
DSCN5444.jpg
なんといってもバーベキューの会場は農園の中、全天候型で雨の日も台風の日だってへっちゃらです。
天然の炭焼きで行ない大型の鉄板を使います。カップルでもご家族でもご友人たちともご利用でき、1テーブルに12人まで座ることができます。P8310004_930.jpg

最大で一度に360人までバーベキュー対応ができますし、駐車場も無料です。
そして、食材は農園で採れた新鮮な野菜、卵は農園の名古屋コーチンの有精卵・・・といった具合に魅力的!
農園バーベキューは1食分が2,000円、ご利用予定日の前日の午前中までにご予約をお願いいたします。
お気軽にお尋ねください。
お電話0537-22-6543です。メールやFAXでのお申し込み方法も可能ですよ。

DSCN5450.jpg
キウイフルーツだって自由に食べられて、健康的にもバッチリ効果的ですよ。
農園内で思いっきり遊んで・・・
スローフードで「ゆっくり・ゆったり・ゆたかな心」でお楽しみください。
posted by kiwi at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月23日

手作りリースで楽しむクリスマス!

クリスマスには、自分で作ったリースを飾りご家族や友人たちを迎えることはとても素敵です。
P1030157.jpg
リースの土台のリングに自然の素材、ドングリや松ボックリをグルーガンを使って付けていきます。
P1030163.jpg
ヒノキの葉っぱだって美しい。モチノキの赤い実は鮮やかでインパクト大。P1030168.jpg
一時間ぐらいで完成です。
キウイフルーツカントリーでは、リース作り教室が行なわれています。
どうぞ、気軽にお出かけください。
posted by kiwi at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月12日

指名手配中

指名手配中「ゴマダラカミキリムシ」
 農園では、ゴマダラカミキリムシを指名手配中です。
 賞金が一匹50円、捕獲者に支払われます。(ここの農園内での捕獲に限る)
 夏休みには、訪れる子供たち、はたまた頑張るお父さん達も指名手配のゴマダラカミキリムシ捕りに邁進するのです。なんと10匹も捕まえる子供たちまで登場するのです。
g10.jpg
 ゴマダラカミキリムシは、黒色に白いゴマダラが入っていてカミキリムシ、なかなかデザインもファッションセンスもいい。交尾を終えたメスはミカンの樹木の樹皮をかじって形成層内に産卵し、幼虫は生木の材部を食べて成長する。
 幼虫は成長すると幹内部を降下し、主として根株の内部を食い荒らす。幼虫が侵入した木は幼虫の活動によって幹に穴が開き、木屑や樹液が出るようになる。蛹を経て羽化した成虫は木の幹に円形の穴を開け、木の外へ姿を現す。
g30.jpg
 幼虫が材部を掘り進むと直径1cm-2cmほどのトンネルができ、木の強度が弱くなって折れやすくなる他、ダメージを負った木は成長不良に陥り、枯れてしまう。ミカンの樹木を好んでいるくせに、結果的には生命の継承・維持に重要なみかんの木を枯らせてしまうのである。

 農園にはミカン・柑橘系の樹木が10月の下旬〜早生ミカン、青嶋ミカン、清見オレンジ、甘夏ミカンと10ヶ月間も収穫できるようになっている。しかし、育成にはかなりの年月がかかり、結実に8年、成木には15年もの時間がかかりますが、有機栽培で育成するにはかなりの苦労があります。ゴマダラカミキリ以外はほとんど生態系が出来てきますが、このムシだけはヤッカイです。
g20.jpg
 なんだか人間社会も自然資源や食料資源を必要以上に使い過ぎで資源が枯渇していく、そうすると結果的に人間の生命維持に苦慮する・・・なんて、カミキリムシのことを悪くは言えんかもしれん。

そうそう・・・
 農園の○○さん、子供の頃、薪割する横でいつも待っていたのが、なんとこのカミキリの幼虫で、それが登場するのを待ちわびていたそうです。出てくると歓声を上げ・・・フライパンの中で煎っていく
そうすると、ピン!と伸び表面がカリカリッと仕上がる。・・・これが美味いんだなー・・・忘れられないわ・・・だってさ。
それを近くで聞く子供たちに・・・ジィトーッ!と汗が滲み出ていた。
まるでジャングルか秘境の冒険番組を見ているかのようだ。

 ここもやっぱり秘境であった。

posted by kiwi at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

マラソン・キウイステーションボランティアスタッフ募集

緊急事態・マラソン大会参加者が1万人を超し、キウイステーションのボランティアが不足!DSCN7049_8517.jpg
 掛川新茶マラソンが開催されます。新茶マラソンというマラソンになって第7回になるわけですが、当初は小笠・掛川マラソンとして1988年にスタートし、現在はその名称が「新茶マラソン」というように変わってきました。DSCN7076_8543.jpg
DSCN6985_8453.jpg
脈々とそのマラソンは引き継がれ、今回はちょうど25周年になります。
DSCN6929_8397.jpg
そして、その間偶然にもコース上の2kポイントと40kポイントにキウイフルーツカントリーが隣接することから、応援や「おもてなし」の意味も兼ねてエイドステーションとしての「キウイフルーツステーション」を開いてきました。DSCN6931_8399.jpg以来毎年5千個〜8千個ぐらいのキウイを準備して多くのボランティアの皆さんの力をいただきながら開催してきました。私たちはランナーの「最後の一人まで絶対に果実を切らさない」ということをモットーとしてきました。
そして本年、今大会はなんと、1万人を超すマラソン大会として成長しました。私たちは1万個のキウイをすでに準備しています。しかし、これだけ人数が増えたのでは、フルーツステーションのボランティアが不足しています。DSCN7028_8496.jpg
ボランティアとしてお願いしたいこと。
〇日時:2012年4月15日  午前9時〜15時半ぐらいまで(途中だけ参加もOK)
〇会場:掛川市上内田五百済公民館前(キウイフルーツカントリーへ隣接)
    駐車場:キウイフルーツカントリーの駐車場(無料)
〇内容:ランナーへの果実のサービス・応援。果実の皮むきとカット。
〇特典:ランナーから気力や元気がもらえます。ボランティアの皆さんもキウイ食べて元気に!
DSCN6952_8420.jpg
お問い合わせ先:
静岡県掛川市上内田2040
キウイフルーツカントリーJapan
電話0537-22-6543 FAX0537-22-7498 メール wbs02626@mail.wbs.ne.jp

いきさつ:
園長は国際交流へのかかわりで、第一回の記念大会から偶然にも海外からの招待選手のアレンジメント等に関わる機会があり、またそのようないきさつから海外のマラソン調査研究のコーディネイトをしてきたことがあります。アルバート・サラザール氏(元マラソン世界記録保持者)にもお会いして練習の様子を拝見したり、対談したんですよ。以前ナイキの本社は姉妹都市であるオレゴン州のユージン市にありましたからね。当時はオリンピック陸上競技の全米選考会も開催されていたほどです。
訪問したオレゴン州ポートランドマラソンを見たとき、その沿道に立つ地域の人々の応援に感動しました。いかに地域の人々に支えられているかでした。具体的な方法として学んだことは、それぞれが得意な方法で支援するという考え方でした。たとえば、楽器の得意な人は楽器を演奏し続ける。ダンスが得意な人はダンスをというように楽しんで応援するんですね。そしてそれをまた応援する人々がいるのです。
では、私たちは何ができるだろうと考えたとき、私たちの作っているキウイフルーツをランナーの一番苦しいときに食べていただこう!というのがきっかけでした。
キウイフルーツステーションで「私たちのお疲れ様」「がんばって}の声をかけ、キウイを渡し!
ランナーからは、激しい呼吸とともに「ここに来たらキウイが食べられる」「そのことを考えてここまで走られた」等々・・・
そして、「あと2kをがんばって!」の声にゴールに向かって進むのです。
この感動は、私たちも日頃の生活に、仕事にそれぞれの目標に向かって「がんばるぞ!」という支えになるのであります。ぜひ一緒に参加しませんか?どうぞよろしくお願いいたします。
posted by kiwi at 04:09| Comment(0) | TrackBack(1) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

春のわくわく体験教室

2012.3.17〜2012.4.1 の期間に開催しています。

春のわくわく体験教室時間割ができました。

◎動物なかよし体験       入園料
 たくさんの赤ちゃん誕生!かわいいよ!
DSCN4726_6255.jpg

DSCN4709_6238.jpg

◎キウイ&バターケーキづくり  お一人500円 催行人数5名〜 
 おいし〜い、ケーキの出来上がり。

DSCN9933.jpg
DSCN9954.jpg





◎山野草ガイドウォーク     お一人500円 5種類てんぷら付き
 名前も覚えて楽しくて、おいしくて!美しく!
4413.jpg
 





◎木の実のオブジェつくり    お一人500円
 自然て不思議なねん?おもしろい!
DSCN1428_1891.jpg



◎羊毛のマスコットつくり    お一人500円
 かわいい、ホンモノのひつじちゃんの毛だよ!100%ウールです。
DSCN3921_5061.jpg




◎トラクターの乗車体験     お一人100円 園内ガイドしながら周遊。
 クラシックトラクターです。園内をトラクターでガイドします。
このトラクターは実動している貴重な初代イセキトラクターで、ポルシェと共同開発された貴重な産業技術遺産です。
 迫力のエンジン音!ドッドッドッ・・・と園内を周遊してます。
DSCN4687_6216.jpg
9112.jpg
DSCN4647_6176.jpg

◎オレンジ狩り・甘夏みかん狩り・ 
 キウイ・オレンジ・甘夏みかんも食べられるなんて!すごい!  

1911.jpg
top01.gif

春を食べて、春を遊ぼっ〜と
posted by kiwi at 17:19| Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

手づくりリースでクリスマスを迎えよう!

19日からリース作りの教室が始まります。
その準備のために、朝からはさみとのこぎりを持って果樹園へ
先ずは、土台となる蔓を採取!キウイの仲間のサルナシやマタタビの蔓をリヤカー一杯に確保。
DSCN8871.jpg

色鮮やかなモチノキの実も木によじ登って確保。
DSCN8875.jpg

インストラクターが
チョチョイのチョイと器用にまるけて出来上がり・・・といきたいところではあるが、大きさ、バランスやデザインも重要で作者のセンスが作品に表現される。
DSCN8863.jpg

自分で森を歩いて、いろいろ集めて作ることができるからとっても楽しい!
親子で参加も、恋人同士も、お友達とも・・・。

DSCN8869.jpg

19日から農園で開催します。ぜひご参加ください。



posted by kiwi at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

新品種研究・キウイフルーツ研究発表大会

キウイフルーツ「研究発表会」のお知らせ
まだ誰も、見たことない、味わったことのないキウイフルーツの紹介、試食会
top01.gif

平成23年もいよいよ残りわずかになり、大変お忙しいことでしょう。
日頃より当農園に多大なご支援とご協力をいただきまして、ありがとうございます。
 たったティースプーン一杯の種からスタートしたキウイフルーツの研究も、すでに37年を迎えようとしています。そしてキウイフルーツカントリーJapanを開園して、22周年を迎えます。これも多くの皆様のお力添えのおかげです。この間、農園づくり、栽培技術の改良、品種改良と新品種の開発などを推進してくることができました。

この度、平成23年度のキウイフルーツ収穫もほぼ終了し、キウイフルーツ研究発表会を
させていただく運びとなりました。

 たとえば品種を開発する際は、実はそのほとんどが失敗の連続ですし、一品種を送り出すには、最低でも10年ぐらいの歳月が必要となります。その現場やその経過を知って思いを共有していただくことは必ず、新しい時代のキウイフルーツや農業を構築する一歩になると考えております。
本年初めて「たった一個」だけなったキウイや初めて見るキウイフルーツに心が躍る思いです。
37年の経過や研究の成果、そして本年度はじめて結実した、キウイフルーツの紹介、試食会などさせていただきます。私もまだはじめて見るそして食してみるキウイフルーツも紹介させていただきます。

下記の内容で発表会を開催することになりましたので、是非ご参加ください。


<2011年度 キウイフルーツ研究発表会>

日時:平成22年12月10日(土)  AM10:30〜
会場:キウイフルーツカントリーJapan 
内容:研究の成果・新品種の紹介(23年度新品種研究内容)
   キウイスタイル(健康・生活・文化)・農園の37年

*お問い合わせ
キウイフルーツカントリーJapan
〒436-0012 静岡県掛川市上内田2040
0537-22-6543 fax0537-22-7498
E-mail: wbs02626@mail.wbs.ne.jp
http://www.kiwicountry.jp/
posted by kiwi at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月31日

キウイフルーツ「クッキー」&「ミニケーキ」ができました。

キウイフルーツカントリーJapan 新商品開発プロジェクト
「クッキー」&「ミニケーキ」発売のお知らせ

 さてこの度、キウイフルーツ新商品開発プロジェクトとして、当園のキウイフルーツと掛川産深蒸し茶を使って、クッキーやミニケーキ等4つの商品が出来ました。

現在のところ、手づくりですので充分な供給はできないかもしれませんが、自信作であります。
試食もやってますので是非お出かけください。掛川駅にあるこれっしか処でも、11月6日までは特設コーナーにて試食・販売してます。

さてさて、その商品ですが、
DSCN9528.jpg  
商品名 おひさまクッキー   
キウイフルーツのジャムを入れたしっとり感のあるクッキー。
キウイ果肉を活かす為、つぶさず果肉がコロコロと残るように、生地に練り込んであります。
あと味さわやかな酸味が特徴的。

DSCN9551.jpg
商品名 抹茶入りキウイクッキー  
掛川産 深蒸し茶 と 当園の名古屋コーチン有精卵 と キウイフルーツを使用したクッキー。
キウイにある丸い種、ホンモノのキウイをスライスした形をそのままクッキーにしています。
グリーンは深蒸し茶で表し、種は竹炭パウダーで表現。芯の白い部分は、キウイジャムを生地に練り込みました。茶の旨みから、あと味をほんのり甘く、まろやかにしています。

DSCN9545.jpg
商品名 ロッククッキー
キウイジャムが入り、サクサク感のしたクッキーです。
当園の名古屋コーチン有精卵を使用しています。
チキンの唐揚げにみえるかな〜あ。

DSCN9562.jpg
商品名 ポンちゃんケーキ
かわいくて食べられないという、評判のミニぶたケーキ。もちろん生地には名古屋コーチン有精卵を使用し、黒色のケーキは竹炭入りです。
ミニぶたのポンちゃんは、農園のアイドルです。

DSCN9518.jpg
オリジナルの詰め合わせもできますよ。

販売所 

これっしか処 (JR掛川駅南口) 特設コーナー(発表記念販売 10月31日〜11月6日) 

キウイフルーツカントリー販売店 常時              

posted by kiwi at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

キウイ収穫ベストシーズン突入

いよいよキウイフルーツ本格的に収穫シーズン突入!

秋になるとキウイはいよいよ収穫期。品種によって収穫期は変わりますが、果肉の色によって時期を分けることができます。

P1040750.jpg

まず、赤色の紅鮮(こうせん)。そして黄色のファーストエンペラー、サンゴールド。ティアドロップ、ピュアカントリー、アップルキウイ。11月中旬に入ると、緑色系のクラッキー、香緑、そしてヘイワードが収穫期となります。
収穫が遅れると貯蔵性が悪くなったり、落果してしまうものもあるので、適期の判断は糖度を計って決めています。キウイは収穫時期が来ても、樹上ではやわらかくなりません。外からの色も変わらないし、収穫の判断は難しいです。赤色や黄色の果実で糖度10%、緑色ので8%が目安です。
食べ頃にはその二倍ぐらいの糖度になります。さらに美味しくする樹上完熟キウイもあります。



posted by kiwi at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

アメリカがやって来た

秋に向かって季節は少し動いています。
10月になるとこの地域は秋祭りがあり、多くの人々が集まる。
この祭りを機会にふるさとを訪ねたり、日本の文化を知りたいと交流の場にもなる。
20年ぐらい前ことですが、この秋祭りに屋台(山車)を人々と引きながら美しい農村を回っていました。

子供たちが駆け寄ってきて「アメリカ」がいた!
「アメリカ」がいた!

当時、国際交流を一生懸命やっていたので、私の返事は、そうか「それは金髪か?」

私の米国留学時代(1674-1976)ちょうど同じころ、オリビア・ニュートン・ジョンはイギリス生まれのオーストラリア育ち、1975年に米国に移民した。1974年I Honestly Love You が全米1位を獲得し、超美人の憧れの金髪女性であった。

祭りの祝い酒も心地よく、アメリカと聞くだけで反応してしまった。「それは金髪か?」・・・

手を引かれて、向かった先はなんと・・・細い水路。

そしてそれは、金髪でなく・・・赤く威嚇する「アメリカザリガニ」であった。
DSCN8432.jpg

アメリカザリガニは、カブトムシ同様子供たちにとっては、貴重な宝物でザリガニにまつわる思い出や物語は、子供のみならず、どの年代層の大人もほとんど皆が持っている。

そこで農園では、夏休みの納涼祭で開催したザリガニ釣りが評判で、ただ単に釣り楽しむだけでなくこれを行うことにより、釣りをしている人々同士互いに交流の輪が広がり、親子はアウトドアが苦手でも貴重な非日常体験になり、次へのステップのきっかけとなる。

DSCN8427.jpg

さて、このカヌーで出かけるわけではありません。

DSCN8430.jpg

水槽としてカヌーを使うこととしました。

DSCN8437.jpg

道具は釣竿とエサ、エサはスルメを用意しましたが、煮干でもいいですね。ソーセージなんかを使う人もいます。
凧糸を使い。竿の先端には赤いテープを巻きます。安全のためへの配慮です。
竿・エサ付きで一時間100円で貸し出しています。

DSCN8491.jpg

DSCN8443.jpg

少し待っていると・・・。DSCN8463.jpg
捕まえたエサは、もう離しません。
DSCN8465.jpg

こんな具合に釣り上げられます。
DSCN8454.jpg

DSCN8450.jpg

リリースをお願いしていますが、どうしても持ち帰りたいという人には一匹100円で持ち帰ることもできます。

よく火を通せば、食べることもできますよ。

アメリカザリガニは、アメリカのミシシッピ川流域から昭和2年にやって来た。最初はたった20匹だったものが、日本全国に広がり。日本古来のニホンザリガニ、ヤマトザリガニは激減してしまった。
複雑な心境であります。






posted by kiwi at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

「もののけの森」から ヤマモモ酒づくり

「もののけの森」から ヤマモモ酒づくり
農園を守る、巨木「もののけ・やまもも」果実酒づくり

DSCN7676_9477.jpg

開催日時:2011年7月2日(土)・3日(日)・9日(土)・10(日) 
     いずれも 集合10時30〜 予定   終了12時ごろ
     4日間開催日がありますのでご都合がよろしい日にご参加(お申し込み)ください。
会場:キウイフルーツカントリーJapan
   〒436-0012 静岡県掛川市上内田2040
   電話0537-22-6543
参加費:2000円 (入園料含む・やまもも果実酒1ビン)各1回の参加費
    たくさん果実が取れた場合は、希望者はビン数(有料)を増やすことができます。
DSCN7693.jpg
催行人数:5名〜 定員は最大20名です。先着で受付を行いますので、希望者はご予約ください。
持ち物:必要な人はお弁当、帽子、汚れても良い服装。
担当 :園長 平野正俊

もののけ・やまもも物語:
 農園には中山という「もののけの森」があり、その中山峠に2本の大きなヤマモモの木がありました。
 この中山峠は、農園北東のほぼ中央に位置し、みかん畑の丘を抜け、「もののけの森」に入ります。腕がまわしきれない太い樹。しがみつきながらやっとテッペンに登ると農園のみならず、この村を広く眺められます。それは村のみんなに知られたシンボルの樹でした。
 現在でも村人たちが集い、昔話に花が咲くと必ずこのヤマモモも話が話題になり、テッペンに上がった思い出、枝が裂け樹から足を滑らし落ちた思い出、そして美味しかったヤマモモの味など、それは・それは、ヤマモモの樹に子供たちはヤドリギ状態であったのです。

 しかし、現在ある広大な農園を作るためには、農園の構造上切り倒さなくてはならない悲しい状況でした。・・・今から30年前のことです。
私たち人間のわがままのために、これでいいのだろうか・・・?
そして、移動することを決意したのです。

 巨木(老木)の移動は、樹木にかなりの負荷をかけることになります。
相談させていただいたオペレーターたちは、巨木の移動にチャレンジしてくれたのです。
 造園屋さんや森林・樹木の専門家さんたちへの相談、樹木の根回しや移植の最適期等、慎重に検討し、巨大な重機を使っての移動となりました。

DSCN7688.jpg
 農園内の配置デザイン、生育環境を考慮し、移動先は農園の入り口付近と決め、準備を整えていきました。
 剪定、樹上と根のバランスをとり、大型ユンボでの掘りおこし、そして移動・・・定植、緊張の連続でした。 ・・・そして年月がたち見事に活着したのです。
そして、毎年ヤマモモを実らせます。

 キウイカントリーの農園に森があるのでなく、森に農園があり、森に家があり、森の中に私達の生活があります。

DSCN7677.jpg

 農園の象徴、「もののけ・やまもも」
それを収穫して、健康果実酒づくりを行いませんか?
森のエネルギーを体に、生きる活力と健康を森からいただくのです。私たちのライフスタイルに取り入れましょう。
DSCN7671_9472.jpg
この写真は、キウイフルーツの「果実酒づくり」の様子です。
今回は、なんと・・・「もののけ・やまもも」の果実酒づくりです。
posted by kiwi at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

ウサギといっしょに年賀状

2011はウサギ年
年賀状にウサギといっしょの写真はいかがですか?
DSCN4726_6255.jpg
キウイカントリーに生活しているウサギ達は、ニワトリやヤギさんたちと平和に「のんびり」「のびのび」と暮しています。
地球上は同じ人間でも民族争いや詰まらぬ争いが絶えません、でもここにいる動物たちは
みんな仲がとってもいいのです。
来年は自分達の年だと知っているのでしょうか?DSCN4725_6254.jpg

「パチリッ」と「ウサギといっしょに写真」が取れるところを準備しました。
どうぞ、カメラを持って農園にお出かけください。


きっと、新年はピョン!と飛び跳ねられる良い年になりますよ。
posted by kiwi at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする