2013年01月02日

お餅つき お正月 

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
DSCN5810_7488.jpg
新年を祝うべく、お餅つき大会を1月2日〜3日に農園で開催します。
皆様方と共にお祝いいたしたく開催いたします。
どうぞ、お気軽にお出かけください。
DSCN6458_8072.JPG
会場:キウイフルーツカントリーJapan なかよし広場
日時:平成25年1月2日と3日 午前11時〜 午後13時30分頃から
参加費:通常の入園料にてお餅つき体験に参加が出来ます。
    もちろん、つきたてのお餅が食べられます。DSCN6443_8059.JPG
DSCN9088_9684.jpg
農園で元気よく遊んで、キウイを食べて、お餅も食べて新年を祝いましょう。
posted by kiwi at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

楽しい接木は、人間だったら移植手術!

接木は英語ではGrafting(グラフティング)といい、医療の分野では外科の移植手術を意味する。

接木の適期が来ているので、農園の大事な仕事として紹介したい。

野菜や果樹を栽培する農業技術には、「接木」という方法を使って課題(病気など)を乗り越えたり、品種を変えたりする方法が行われている。
接ぐほうの枝を「接ぎ穂」、根がある接がれるほうを「台木」という。
台木には根の力を強めたり、逆に力を弱めたり、病気に強いもの使ったりする。「接ぎ穂」には、生産力を高めたり、品質を向上させたり、おいしい果実の生産させたりする。
この農園では、品種を統一させていくことや品種改良の研究のために行っている。

接木っていう仕事は特に面白い!腕の見せ所なんですね。
重要なポイントは、
@接木の時期、タイミング
A接ぎ穂の確保
B台木の確保
C接木道具の準備と手入れ
D接ぎ穂のカット
E台木のカット
F形成層合わせ
G接木テープでのテーピング
などである。

上の重要なポイントを説明すると、
@作物によってその適期は違いますが、落葉果樹の場合のは夏の暑い時期7月から9月は避ける。キウイフルーツの場合、3月からこの4月に行うんですよ。もちろん柑橘や柿、梅をはじめ、ほとんど果樹はできる。

A良い接ぎ穂の確保は、充実した花芽を持ったものが重要。昨年の春に成長した枝のものが良い。

B台木は力強く、接ぎやすい幹や枝を持っている必要がある。DSCN0059.jpg




C植物の芽や枝を接ぐ仕事のことで、歯研ぎ技術が接木技術の腕前に大きな差が出る。接木の好きな人は誰でも歯研ぎ技術は自分が一番と思っているんですよ。ピッカピッカに顔が鏡のように映るぐらいに磨きますし、ヒゲだって剃れちゃう。
DSCN0133.jpg
私の家では、おじいさんの代から決まった刃物屋さんでノコギリや刃物を手に入れてきている。
それがフィットするんですね。そして、その一本を生涯使うのである。
剪定ばさみ、接木ナイフ、腹接ぎ用ノミ、ノコギリ、ハンマー、接木テープは接木の七つ
道具、写真を見ると六つ道具だけど接木テープが抜けているからご理解を。DSCN0107.jpg

D接ぎ穂のカットは、充実した成長点があるものを使う、ワンサイドの形成層に沿ってカット。ワンサイドを鋭く30度〜40度ぐらいにカットする。接ぎ穂の長さは4cmぐらいが良い。
DSCN0091.jpg
DSCN0089.jpg
DSCN0102.jpg

E台木は、様々な太さに対応する必要がある。苗木育成の場合は、一定の太さでコントロールできるが、成木の品種研究や改良やある程度大きくした木に接ぐ場合は、あらゆる太さの樹木に接ぐ技術が必要である。高接ぎは台木が細ければ接木ナイフのみ、太ければ腹接ぎ用ノミを使う。
DSCN0062.jpg主枝(中心になる枝)だけ残して、結果母枝(主枝に対して垂直に伸びる枝)を全てカットして、主枝を台木として使う。この方法は成木から品種改良をするときに1〜2年早く成木として復帰するからなのだ。
DSCN0114.jpg
この「腹接ぎ用ノミ」はとても特殊で、不思議な道具である。
DSCN0121.jpg






F上下を間違えない。植物は、根から吸収され幹から枝葉に向かって供給される水などの養分と葉から光合成により吸収されて植物の養分になっていく仕組みがあり、それを支えるものは「形成層」である。
「接ぎ穂の形成層」と「台木の形成層」をぴったりと合わせる。
shokub16.gif
DSCN0069.jpg
DSCN0070.jpg






G接木テープでのテーピングは台木と接ぎ穂を固定し、なお且つ雨が降っても水が入らない方法で固定する。また、接ぎ穂から発芽し、新芽が成長していくのも阻害してならないし、新芽が伸びていく際の風等による接ぎ穂のダメージを受けてもならないのである。
DSCN0165.jpg

DSCN0073.jpg

DSCN0139.jpg

一つの台木から同一系統の植物であれば、いくつかの品種を接ぐことができる。
技術といい、後の楽しみといい、接木を覚えることは、面白い技術であるのでぜひお奨めしたい。
DSCN0144.jpg

接木後に活着した様子。
posted by kiwi at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

ミノムシの生活環境と適応性

私はミノムシが好きだ。幼少のころ、おばあちゃんと買い物に出かけ、あるバック屋さんで見つけた素敵なハンドバックはパッチワークのように何枚も繋ぎ合わされたミノムシの「お家」でできたものであった。そのバックは私から見ても素敵で、おばあちゃんは存分に悩んだ結果、買い求めて帰ってきたことを覚えている。
だから果樹園でミノムシを発見すると、なんとも言えない特別の思いを感ずるのである。

私はミノムシが好きだ。DSCN9447_9909.jpg

ミノムシは枯れ葉や枯れ枝に粘性の糸を絡め、袋状の巣を作って枝からぶら下がる。そのお家を開いてみると中はふわふわしてとても暖かそうなのである。ミノムシという名前は、わらで作った雨具「蓑(みの)」に形が似ている為に「ミノムシ」と呼ばれるようになったようだ。

果樹園の中に入るとその栽培作物や使っている物(葉、枝、管理用の備品なども)利用する。周りにある生息環境を上手に取り入れ、応用していく適応性があるのです。

DSCN9452_9914.jpg

キウイ畑では、枝の誘引のためにプラスチックのテープやそれを止めるためのホッチキスのようなピンを使うので、それまで巻き込んでしまう。・・・・ゴメンナサイ・ミノムシ様

DSCN9450_9912.jpg
自然の枝、葉のほうがやっぱり快適だと私も思う。人間の住まいもやっぱり自然に即した素材のほうがいいに決まっていると、ミノムシが教えてくれる。優れた能力を持っていると思う。

ミノムシの生息個体が激減していて、レッドリストで絶滅危惧種に選定されるようになってきている。
posted by kiwi at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

大犯土(おおつち)に入りました。

昨日までにトラクターで田んぼを耕しました。
DSCN9121_9650.jpg
それは、今日からから大犯土(おおつち)に入るからです。大犯土は1月10日〜16日まで、中日が一日あって、小犯土(こづち)18日〜24日までとなります。一年を通じて約2ヶ月に一回づつあるのです。
植物も生物である以上、人間と同じようにバイオリズムがあるんですよ。植物は養水分を活発に動かし活動する時期と、活動が沈静化する時期とが交互に訪れます。
樹木の場合、養水分を活発に動かし活動する時期は伐採すると、虫が入りやすくなります。また、間伐材を山に放置する場合は腐り易くなります。だから、家を建てる木材が犯土の間に伐採された物の場合は、すぐに虫が入り腐ってしまいます。さらには、満月か新月かということも木材には大きな影響があります。たしか、カニだっていうよね。月夜のカニはダメだって!

私も以前は、そんなことある訳ないと思っていたのですが、それは見事にその通りなんです。キウイフルーツの剪定にもそれは影響が出ます。ハサミやノコギリで切った切り口がすっきりとふさがらないんです。ですから剪定後の樹勢への影響も大きいんですよ。
実は、動物だって出産時が犯土に当ると事故率が高かったり、弱い子の発生率が高くなります。そこで丈夫に育ってほしいという願いを込めて名前をつけると聞いたことがあります。ここに居るニワトリ・ヤギ・ヒツジなどの動物達もこの犯土の間に出産になってしまったときは、慎重になります。

そんなこともあって、土だってあまり犯土には動かしたり、耕したりしないほうが良いので、昨日まで、堆肥をたっぷり入れた田んぼを耕しました。DSCN9125_9654.jpg

テーマはボケてしまいますが、この鳥何の鳥?トラクターで耕しはじめると、すぐ近くまで飛んできてエサをついばんでいきます。こんなサポーターまで登場して楽しかったです。
シギ科かチドリ科の仲間。
DSCN9131_9660.jpg
名前が正確にわからなくて申し訳ないが詳しい人は教えてください。
DSCN9147_9676.jpg
posted by kiwi at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

お餅つきで幸せ

DSCN5810_7488.jpg
米は農園で作った「駿河もち」の有機米、水も里山の沢からの水を引いている。純粋な私達の作った地元米である。
DSCN9090_9686.jpg
毎年恒例のお餅つきを年末・年始に開催している。楽しみにしている人々が毎年やって来る。
DSCN9071_9667.jpgアンコにイチゴを入れてそれをお餅で包む、イチゴ大福を自分で準備してきている家族もいる。なんだかとっても嬉しく・・・やってよかったと思う。DSCN9088_9684.jpg
私は、先週の森林伐採による怪我で、「お餅つき禁止令」なるものが医者から出ている。やむなく助っ人にコンセプトのWSさんをお願いした。助かった!
DSCN9073_9669.jpg

園内ではお正月の2日3日のお昼時間帯、新春お餅つき大会になるものが開催され、お餅つき体験にお餅も自由に食べられるのだ。お腹を空かせて来るといいよ。DSCN6465_8079.jpg
今日は鏡餅とお供え餅を作りました。
posted by kiwi at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする