2013年05月29日

世界農業遺産に認定!記念・縁側茶会

「静岡の茶草場農法」が世界農業遺産に認定!【5月29日】
1130.jpg
5月29日に、石川県七尾市で開催されている世界農業遺産国際会議で、掛川市をはじめ川根本町、島田市、菊川市、牧之原市に点在する「静岡の茶草場農法」が世界農業遺産に登録が認定されました!
茶草場農法とは、茶園の畝間にススキを主とする刈敷きを行う伝統的農法のことで、この敷き草によって、茶の味や香りが良くなると言われています。
1701.jpg

※世界農業遺産…正式名称を「世界重要農業遺産システム(Globally Important Agricultural Heritage Systems:GIAHS(ジアス))といい、 世界の農林水産業の改善を図るFAO(国際連合食糧農業機関、本部:イタリア・ローマ)が認定し、農業のシステムなどを評価するものです。

茶草場農法ホームページ(掛川市)…http://www.city.kakegawa.shizuoka.jp/kakegawatya/PR/chagusaba.html

茶草場農法ホームページ(掛川観光協会)…http://kakegawa-kankou.com/chagusaba/

1215.jpg
世界農業遺産に認定!を記念して、キウイフルーツカントリーの農園では、5月31日、6月1日、2日の3日間、来園者に新茶が飲め「静岡の茶草場農法」を学び知っていただけるように準備しています。どうぞ気軽にお立ち寄りください。
DSCN6552_8042.jpg
posted by kiwi at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック