2013年06月28日

「森」から健康ヤマモモ酒づくり 

「もののけの森」から ヤマモモ酒づくり
農園を守る、巨木「もののけ・やまもも」果実酒づくり

DSCN7676_9477.jpg

開催日時:2013年6月29日(土)〜7月7日(日)
    ご都合がよろしい日にご参加(お申し込み)ください。
会場:キウイフルーツカントリーJapan
   〒436-0012 静岡県掛川市上内田2040
   電話0537-22-6543
参加費:2000円 (入園料含む・やまもも果実酒1ビン)各1回の参加費
    たくさん果実が取れた場合は、希望者はビン数(有料)を増やすことができます。
DSCN7693.jpg
希望者はご予約ください。
持ち物:必要な人はお弁当、帽子、汚れても良い服装。
担当 :園長 平野正俊

もののけ・やまもも物語:
 農園には中山という「もののけの森」があり、その中山峠に2本の大きなヤマモモの木がありました。
 この中山峠は、農園北東のほぼ中央に位置し、みかん畑の丘を抜け、「もののけの森」に入ります。腕がまわしきれない太い樹。しがみつきながらやっとテッペンに登ると農園のみならず、この村を広く眺められます。それは村のみんなに知られたシンボルの樹でした。
 現在でも村人たちが集い、昔話に花が咲くと必ずこのヤマモモも話が話題になり、テッペンに上がった思い出、枝が裂け樹から足を滑らし落ちた思い出、そして美味しかったヤマモモの味など、それは・それは、ヤマモモの樹に子供たちはヤドリギ状態であったのです。

 しかし、現在ある広大な農園を作るためには、農園の構造上切り倒さなくてはならない悲しい状況でした。・・・今から30年前のことです。
私たち人間のわがままのために、これでいいのだろうか・・・?
そして、移動することを決意したのです。

 巨木(老木)の移動は、樹木にかなりの負荷をかけることになります。
相談させていただいたオペレーターたちは、巨木の移動にチャレンジしてくれたのです。
 造園屋さんや森林・樹木の専門家さんたちへの相談、樹木の根回しや移植の最適期等、慎重に検討し、巨大な重機を使っての移動となりました。

DSCN7688.jpg
 農園内の配置デザイン、生育環境を考慮し、移動先は農園の入り口付近と決め、準備を整えていきました。
 剪定、樹上と根のバランスをとり、大型ユンボでの掘りおこし、そして移動・・・定植、緊張の連続でした。 ・・・そして年月がたち見事に活着したのです。
そして、毎年ヤマモモを実らせます。

 キウイカントリーの農園に森があるのでなく、森に農園があり、森に家があり、森の中に私達の生活があります。

DSCN7677.jpg

 農園の象徴、「もののけ・やまもも」
それを収穫して、健康果実酒づくりを行いませんか?
森のエネルギーを体に、生きる活力と健康を森からいただくのです。私たちのライフスタイルに取り入れましょう。
DSCN7671_9472.jpg
この写真は、キウイフルーツの「果実酒づくり」の様子です。
今回は、なんと・・・「もののけ・やまもも」の果実酒づくりです。
posted by kiwi at 20:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 里山(さとやま) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする